カードローン借り換え

カードローンを低金利で借り換えることの大きなメリットは?

カードローンの借り換えの画像

銀行は、総量規制対象外になるので、銀行カードローンで借り換えをしてリボ契約で繰り返し借入ができる契約なら、借り換え後も繰り返し借入が可能になります。

 

銀行カードローンの場合、限度額が大きくなるほど低金利で借り換えできるので、借り換えするメリットは大きく、消費者金融の借り換えローン以上に多いと言えます。カードローンの借り換えのメリットはたくさんあります。

 

まず、低金利で借り換えすることで毎月の利息が軽減されます。低金利で借り換えすれば、毎月の支払金額が引き下がり、返済が楽になります。また、複数借入を1つに借り換えすれば、返済の手間が省け、延滞時などの連絡も1社で終わるので管理が楽になります。

 

カードローンの借り換えは、高額融資になる場合が多く、高限度額ほど低金利になるので、限度額が大きくても収入証明書不要で審査可能な銀行カードローンは借り換えする大きなメリットがあります。カードローンの借り換えをすると、低金利へ借り換えることで利息が減り、同じ金額を返済したとしても元金充当額が多く、残高の減りも早くなります。利息が減少するので毎月の返済金額が引き下げになり、毎月の負担が減って支払いが楽になります。